英会話のfamily english schools logo 伏見英会話の体験ロゴ Contact Us

single

Key to Speaking!〜話す姿勢を作る〜

京都南伏見区桃山英会話・ビジネス・キッズ・TOEIC・塾・社会人良く生徒に言われることがあるのですが、「英語の読み書きはある程度できるようになってんねんけど、全然リスニングと話ことがでけへんねん!」です。

日本人は英語が話せないというのは有名な話ですが、その理由には学校の教育が悪いとか、英語に触れてる時間が少ないとか、日本人は内気だから話したくないとか色々聞きます。これらは完全に間違いではないですが、これが完全な理由とも言えません。

中学校、高校で6年間英語に触れています。6年間ですよ。その時間の間で何千個もの単語を覚えたり、文法力を身につけています。

本当に、本当に英語が出来ない人は小数派で、英語しか出来ない人と同じに部屋に閉じ込めて無理矢理会話させたらびっくりするほど英語が出てきます!
(実際にやったことがあります。。。笑)

じゃ、何故日本人はそんなに英語が苦手なの?ということです。

僕の経験から言うと一番の問題は「脳みそと口が話す癖をつけていない!」です。

はい?と思うかもしれないですが、本当にそうです。まぁ、もっと簡単に言うと「わかってると出来る」の違いですね。

野球では、ボールを見てバットを振るというのは、誰でもわかってることです。

しかし、実際に練習して体にその感覚を叩き込むまで出来ないです。(僕は野球少年やったけど、それでもできなかった。。。笑)

語学も一緒で、文法や単語力をどれだけわかっていても、実際にそれを何回も何百回も使用して何も考えないで使えるようになるまで出来るとは言い兼ねない。

誤解しないで欲しいですが、単語力や文法力はとてつもなく大事です。

これは言語の基盤であって、しっかりした土台がないとどんなに話すことに力にいれても限界があります!

文法は本当に大事です!

しかし、あくまで単語力や文法は基本なので、基本だけ取得しても限界があります。

またまた野球で例えるとひたすら基本練習しても意味がありません。実際に試合に出て基礎を発揮しないと意味がありません。
そもそも試合で活躍するために練習をするのですが。。。

ほとんどの人は基礎しかやっていなくて、実際に英語を使用していないのでいざとなれば英語が出てこないような気がします。

英語勉強してんのに全然伸びない、話せない〜と不満に思っている人用に、今月ごく簡単なエクササイズを紹介します!

1)一週間にどの日でもいいので、英語で日記を書いてみよう!自分は何をしたか、どのようなことを感じたか。すごい簡単な文章でもいいので、書いてみよう!

2)ネイティブの人にその日記の訂正してもらいましょう!(間違った英語を練習しても意味がない!)

3)訂正された日記を朝、昼、夜と一回ずつを口に出して読みましょう!

4)次の週また日記を書いて同じことを繰り返す。

すごい地味な練習で、もちろん一晩で上達しませんが、ちょっとずつあなたの頭と口に英語の文法と流れを慣れさせて、話す、英語を引き出す練習になります。

これが「わかってる」を「出来る」に変換するために凄い効果的な練習方法です。

あくまで練習なので、定期的に本格な実践(外国の人と会話する)も不可欠です。

騙されたと思って一ヶ月欠かさず毎日やってみてください!

ちなみにこれだけ一年間ずっとやった生徒がTOEICの点数を600点から800点に上げました。

英語上達には近道はありません。どんなことでも地味な努力の積み重ねが成功への鍵です。
語学も一緒です!!!

ではでは、次回の「英会話魔法」も楽しみにしてください〜

 

Wyatt Caston先生

Leave a Reply